カテゴリー
助成金 社会保険労務士

中小企業基盤人材確保助成金改正

平成23年4月より中小企業基盤人材確保助成金がとりにくくなりました

「中小企業基盤人材確保助成金」とは、
中小企業が成長分野において新分野への進出を図った場合に、
新たに雇用した新分野のスキルを持った人材に対して賃金の一部が助成
される制度です。

この制度を使い、新たな分野に進出をした中小企業は数多くありました。

1企業5人まで、1人当たり140万円が助成されるのです。
成長分野であれば、OKでした。

ところが今年平成23年4月からこの助成金が改正されたのです。

対象分野が健康、環境の分野に限定されてしまいました。

助成金のアドバイスを行っている私のところにもつい最近、

この助成金の相談があったのですが、
健康、環境の分野ではなかったためあきらめてもらいました。
3月までの申請であればよかったのですが・・・・・

ただ、健康、環境分野に新たに進出を考えている企業であれば、

何ら問題はありません。
ぜひ「中小企業基盤人材確保助成金」を検討してください。
カテゴリー
トライアル雇用助成金 介護事業者 助成金

介護未経験者確保等助成金の廃止

介護未経験者確保等助成金が3月31日に廃止となります。

ただし、3月31日まではOKですので、3月31日までに労働契約
を結んだ場合は、介護未経験者確保等助成金の対象になります。

ただ、3月31日までの雇用すればよいのかというとそうでは
ありません。
各会社、賃金締め日がありますので、賃金締め日の翌日が
雇用開始日となるので注意が必要です。

ではこの介護未経験者確保等助成金が廃止された後は、若い
未経験者を雇用した場合どうなるのか?

実は、似たようなものにトライアル雇用助成金というのがあり、
これは介護事業者のみではなく、一般の企業にも共通する
助成金です。

4月からはこの助成金を利用しましょう。

カテゴリー
介護事業者 助成金 奨励金 社会保険労務士

介護事業者のための助成金② 介護未経験者確保等助成金

介護未経験者確保等助成金は、介護関係業務の
未経験者を雇用保険の一般被保険者(週30時間
未満を除く)として雇い入れた場合で、1年以上継
続して雇用すること確実であると認められる場合に
支給されます。

支給額は、1人に付き6か月ごとに25万円
(1年で50万円まで支給)

雇用保険の被保険者数が300人未満の事業主で
あれば6人まで支給されます。

介護未経験者確保等助成金のポイントは、週30時間
以上で雇用しなければならないということです。
パートで雇用する事業主さんが多いと思いますが、
その場合週30時間をクリアする必要があります。

週30時間以上になれば、健康保険、厚生年金の加入
の義務も生じてきますので、よく考える必要がある
助成金です。

カテゴリー
介護事業者 助成金 奨励金 社会保険労務士

介護事業者のための助成金① 介護労働者設備等整備モデル奨励金

介護事業者向けの助成金には、3つあり、
主によく活用されているのは、2つです。
今日はその中の一つである介護労働者設備等
整備モデル奨励金について紹介します。

介護労働者設備等整備モデル奨励金は、介護福祉
機器の導入、運用により介護労働者の身体的負担
の軽減、腰痛予防を促進することが目的です。

介護福祉機器の導入費用の2分の1(上限300万円)が
会議事業者に支給されます。
300万円になるまで何回も利用できるのです。

対象となる福祉機器は、移動用リフト、自動車用車いすリフト、
立位補助機、ベッド、座面昇降機能付き車いす、特殊浴槽、
ストレッチャー、シャワーキャリー、昇降装置等。

古くなった機器を買い替えたり、新しい機器を購入する
よい機会です。
なにしろ費用の半分が支給されるのですから。

従業員の腰痛予防になり、職場環境も向上します。

今まで面倒で助成金に関心がない事業主さんも
ぜひ活用を考えるべきでしょう。

この助成金には、支給枠があるので、エコカーやエコポイント
のように殺到すると打ちきられてしまいます。

面倒な事業主さんはご連絡ください。
助成金の専門家である社会保険労務士の菅田が、
代行いたします。

遠い事業主さんでも大丈夫!!!!
きちんとアドバイスします。