大学で労働法の講義

17日(金)に愛知学泉大学にて経営学部の学生に
「労働法について~今そこにある企業、従業員の問題」
もついて講義を行いました。

労働基準法、労働契約法、男女雇用機会均等法等
実際にトラブルになっている事例を学生に話しました。

学生は労働法について既に学んでいますが、どこが
問題になっているのか知らないので、目を輝かせて
聴いてくれていますた。

特にアルバイトでは、労災に適用に関して短時間では
ダメだと思っている学生が多く、講義後のアンケートを
見てもここに関心がありました。

たった1時間のアルバイトでも仕事中、通勤途上の病気や
けがは、労災になること、そして事業主から医療費の
立て替えの話があっても拒否すること。
労災については、事故が起こってからの加入は可能なので
その時点では加入していなくても大丈夫です。

また、セクハラ、パワハラでは、人の名前を呼ぶ時は
必ず「○○さん」と言うこと。
「おばさん、デブ、ブス、ハゲ」等は相手の受け方次第で
ハラスメントになるという話では、皆目が点になっていました。

アンケートでは、「人を呼ぶ時は、気をつけます」という
意見が多く、安心しました。

Top

Let us talk about
Leave a reply
Name and Mail are required

©   2019, 愛知県名古屋の社会保険労務士事務所 グッドライフ設計塾 ブログmts Gossip Rag by mts WebDesign|| Top