中小企業基盤人材確保助成金改正

平成23年4月より中小企業基盤人材確保助成金がとりにくくなりました

「中小企業基盤人材確保助成金」とは、
中小企業が成長分野において新分野への進出を図った場合に、
新たに雇用した新分野のスキルを持った人材に対して賃金の一部が助成
される制度です。

この制度を使い、新たな分野に進出をした中小企業は数多くありました。

1企業5人まで、1人当たり140万円が助成されるのです。
成長分野であれば、OKでした。

ところが今年平成23年4月からこの助成金が改正されたのです。

対象分野が健康、環境の分野に限定されてしまいました。

助成金のアドバイスを行っている私のところにもつい最近、

この助成金の相談があったのですが、
健康、環境の分野ではなかったためあきらめてもらいました。
3月までの申請であればよかったのですが・・・・・

ただ、健康、環境分野に新たに進出を考えている企業であれば、

何ら問題はありません。
ぜひ「中小企業基盤人材確保助成金」を検討してください。

介護休暇

介護休暇ってご存知ですか?
昨年できた新しい休暇なので、

知らない人も多いのではないでしょうか。

介護休暇とは、1年度の要介護状態にある対象家族が、1人であれば5日間、

2人以上であれば10日間の休暇を取得できる制度です。
この休暇は、必ずしも介護に使う必要はなく、通院等の付き添い、
手続きの代行等にも利用できます。要介護状態の家族がいる世帯に
とっては使いやすい休暇です。
ただし、企業は従業員がこの休暇を申請した場合、どんなに忙
しくても拒むことはできません。

平成22年6月30日に施行になりましたが、従業員が100人以下の企業は、

平成24年6月30日まで猶予されています。

100人超の企業は、たとえ就業規則にのっていなくても、従業員から申し出があれば
断ることはできません。注意が必要ですね。

ワーク介護バランス

私が理事長を務めるNPO法人「ライフコンシェルジュ」
が、愛知県のモリコロ基金の助成を受けて「ワーク介護
バランス」のセミナー&相談会を開催します。

終りの見えない介護のために優秀な社員を辞めさせないために、
仕事に全力投球できる職場環境を形成するために、経営者として
人事担当者としてどうしたらよいかをお話します。

さらにその後女性社労士による人事労務に関する無料個別相談会
も開催いたします。

ぜひご参加ください。

「ワーク介護バランス」セミナー&相談会

日時&会場:6月22日(水) 13時半~15時半
名古屋市公会堂第6集会室(JR,地下鉄鶴舞駅すぐ)
7月7日(木) 13時半~15時半
ウインクあいち11階会議室(名古屋駅徒歩3分)
個別相談会:両日ともセミナー終了後16時~18時
1企業30分(申し込み先着順にて各日12企業)
対象:企業経営者、人事担当者等
受講料:無料
お問い合わせ、申し込み先
下記のNPO法人ライフコンシェルジュまでメールをお願いいたします。
E-mail:lifecon@goodlife21.com

新しい資格で将来性があるものは?

新しい資格で今後需要が増えていきそうなのは、ズバリ
福祉関連の資格でしょう。

ただし、社会福祉士、ケアマネ等実務経験が必要なものは
一般の人にとっては合格しやすくても大変です。

そこで誰にでもとれる福祉の資格です。

福祉の分野の資格は、新しいものが多いので、狙い目であり、
今後活躍できる場が増えていきます。

私がお勧めするのは、新しい福祉の資格として

・日本商工会議所認定 「福祉住環境コーディネーター」
・公益財団法人日本ライフ協会認定 「みまもり福祉相談員」

それぞれHPで確認してください。

新しい資格を取ろう!

新しい資格は、早く取ると有利と言われています。

なぜなら持っている人が少なく、合格率も高いからです。

難しいと言われている国家資格でも、できた当初は非常に
簡単で、合格者が増えるしたがって難しくなっていきました。

確かに新しい資格は、知名度も低く活かす分野も自分で開拓
しなければならないので大変ですが、その資格がポピュラーに
なれば、その分野での第一人者になれます。
市場をおさえることも可能。

資格を取るのなら新しい資格が狙い目です。

労働組合「ライフプラン」研修

5月14日(土)に富山県高岡市にて労働組合さんの
「ライフプラン」研修の講師を務めました。

休日に5時間の研修です。
でも約50名参加していただきました。

社会保険の知識からライフプランの作成、さらに
スキルアップの話をして金融商品の知識も身につける
といった内容の濃い研修でした。

ここで評判がよかったのが、スキルアップでの資格取得の話です。

多くの組合員さんが何かしら資格をとるために勉強を
しようという気になったようです。

社会人は学生以上に勉強が必要ですね。

画家・織田広比古

織田広比古とは、私の好きな油絵の画家です。
繊細な女性(奥様をモデルにしているらしい)とパリの風景を
書くことを得意としています。

ところがまだ50歳を過ぎたばかりなのに、一昨年パリで急死
してしまったのです。

それを展示会で画商の方から聞いてびっくり!!
思わずそこにでていた彼の絵を購入してしまいました。

これで4枚の彼の絵が我が家のリビングを飾っています。
すべて美しい女性プラス楽器の幻想的な絵です。

絵画は、1号いくらで価格が決まるのですが、確実に値上がり
していました。

実は、彼のお父さん(こちらの方が有名画家)の絵も持っている
のですが、90歳にもかかわらずまだまだ元気!!!

創作意欲も旺盛なので値上がりは、無理かな?

趣味と実益をかねての絵画投資

バブルの時にブームとなった絵画投資。
最近はほとんど聞きませんね。

絵画は投資をするものではなく、好きだから持つものなのです。

好きだから毎日見てみたいから、家に飾るのです。
価格の高い安いは関係ありません。
単純にすきだから!!!

これにつきます。

そんな絵画を見つけてみませんか?
ただし、複製はダメ!

やはり肉筆に限ります。

さらに新人の画家を発掘する楽しみもあります。
新人だから価格も安い。
10万円以下はザラです。

デパートでよく展覧会をやっているので、一度出かけて
見て下さい。

うまくいけば、新人が巨匠となるかもしれません。

美術館へ行こう

日本や海外には多くの美術館があります。
そこは癒しの空間であり、勉強にもなります。
メンタルヘルス対策にも有効!!

私は絵を見ることが大好きで、国内はもとより海外の美術館にも
足を運んでいます。

国内では、ポーラ美術館が、海外ではウィーン美術史美術館が
一押しです。

ポーラ美術館は、箱根の山の中にあり、緑との調和が素晴らしい。
もちろん有名な絵画もあります。

ウィーン美術史美術館は、膨大な絵の数で圧倒されます。
1つの部屋(小さな部屋が多いのですが)の天井から床まで
びっしりと絵画で埋め尽くされているのです。

そのため有名な絵がたくさんあるにもかかわらず、圧倒的な
数で飾られているため、探すのが一苦労です。

それと比べるとルーブル美術館は、見やすいと言えるでしょう。

東京では、ブリジストン美術館です。
東京駅から歩いて10分くらいでいけるので、少し時間がある
ときにぴったり。

有名な作品もたくさんあるのでびっくりです。

また中にあるティールームのランチは◎です。

平成23年度の国民年金保険料は安い!

平成23年4月から国民年金保険料が安くなります。

平成22年度は1か月15,100円だったのですが、平成23年度は
15,020円に!!!

これはデフレの影響です。

物価が安くなったので、それで老齢基礎年金も支給額を減らし
ますが、同時に国民年金保険料も減らしましょうということ。

個人事業主の私にとっては、うれしい限りです。

しかし、この保険料、実際にはとても高すぎるのです。
特に所得に関係なく一律というのが理不尽きわまりありません。

だから所得が少ない人が払えなくて、免除申請者が増大している
という現状があります。

どうかならないのでしょうかね。

©   2017, 愛知県名古屋の社会保険労務士事務所 グッドライフ設計塾 ブログmts Gossip Rag by mts WebDesign|| Top